うさだすたいる

穏やかに生きるために

18歳と25歳

 

25歳の夏。

 

始発で帰るもバスは満員。

さすがお盆。

30分の遅れで地元に着くも

いつも以上に暑い。

つい最近までは暑くてもカラッとしていたから

ダラダラ汗をかくこともなかったのに

今年は特にひどい。避暑地じゃない。

 

昼にいつも会う友達と名物を食べに行って

お互い東京でいつも会えるのにねと笑いあった。

地元の駅が無人駅なのに大掛かりな改装工事が行われていて立派になっていた。

工事の前に駅員の配置をだな…。

 

夜はまた別の友達と

初めていくお店に飲みにいってそのあとも何軒かハシゴしたけどまだ21時だ!22時だ!23時だ!終電気にしないで飲めるのすごい!!と感動して勢いでブランコ乗った。

露骨に歳をとったことを感じる羽目になった。

ブランコ漕ぐのにこんなに脚力がいるなんて知らなかった。

 

誰かが結婚した、子供生んだ、

「クスリやって歯が溶けたやつどうなった?」

「あれほんとなの?何も食べれないじゃない」

「あの人刺青増えたよね、どこまで入れるんだろう」

「あの人いまどこで何してるのかな」

「あの夫婦、高校の時付き合ってて成人式で再会したんだって」

「地元あるあるだね」

 

何も変わらないって焦るけど安心する瞬間がある。

 

次の日は子どもを生んだ友達に会いに行った

子ども、もう半年になってて

ニコニコ笑ういい子だった。

子供を生んだ友達は中学生の頃から早く子供がほしいってずっと言ってた。

高校行かずに生んだりしてって思っても生まず、

高校出たら子供生んだりしてって思っても生まず、

成人したら、今の彼が地元に戻ってきたら、生活が安定したら、

いつのまにか四年経って生んで

早くもなかった、遅くもなかったけど

ニコニコしてる子供をみて

その子どもをニコニコしながらみてる友達をみて

子供は親を選んで生まれてくるなんて言われてるのを思い出した。

物は言いようだなって斜に構えていたけれど、

友達と子ども見たときに、

長く待ち続けていたからこそこの子は友達を選んできてくれたんだろうなって素直に思えた。

お母さんしてる友達がなんだかとっても嬉しかった。夢が叶ったので。

 

「ぐずらなくていい子だね。」

「でも出かけたら大きい声出すときあるよ。言ってもまだわからないけどダメって言っちゃう。」

「反射的にね。」

「旦那や家族は可愛がってくれてる?」

「ありがたいことにね、旦那も姑も、うちの家族も可愛がってくれてる。」

「家族を繋げてくれたね。」

 

唯一無二の、愛すべき愛されるべき関係ができて本当によかった。

 

 

夜は同級会

いつものメンバーが半数来れなかったので急遽特別ゲスト枠で久しぶりの友人たちも集合

成人式ぶりだったり、この間ぶりだったり

あの頃は、なんてことは言わなくて

今にしてるの?すごいねそれ!その音楽わたしも好き!なんて

前向きな話ばかりで楽しかったな。

みんな喫煙者で、お酒飲んで、あの頃の私たちからしたらこんなこと誰も想像できなかったね。よかった。大人になれて。

 

 

帰る日のお昼は祖母の家へ

じわじわ父親と雰囲気悪くなっていたのが喧嘩に発展。

朝から口も聞かずお互い険悪ムードガンガンだし、

帰りの電車の時刻を台風の関係で早めたら

聞いていない!!!と父親もさらにヒートアップ、シカトして祖母の家でお昼をご馳走になっていたらご飯だけ食べに父親もきて

ご飯食べるだけ食べて帰るだなんてなんて礼儀のない失礼な人なんだろう、子供と一緒に怒るなんて60にもなって恥ずかしくないのか、もう二度と帰らないからなって怒るわたしも子供のままで、

自分の車で来たと思ったら電車できたから娘と一緒に電車で帰ると、

まさかの展開すぎて思わず

「本当に嫌、」と口から漏れていた。

駄々をこねたところで祖母にも母にも迷惑をかけてしまうので黙って一緒に乗って、

さすがに父も悪いと思ったか他愛もない話をふっかけてきて

ただ受け答えだけした。

 

わたしは終点まで、父は実家の最寄りまで。

実家の最寄りの次まで父は乗り

発車までわたしを見送ってくれた。

停車時間10分くらいあったのにね。

 

あんなに怒っていたのに

二度と帰らないし口もきかんからなって思ったのに

自分を認知してくれている存在をぞんざいな扱えないのは

子どもの宿命なのだと痛感した。

 

ありがとう。と手を振り返した。

 

 

おもひでぽろぽろのように、

地元に帰るたび18歳の私が視界にチラつく。

大丈夫、わたし貴方が心底なりたかった大人になって、親にも意見が言えるようになり、自分のお金で好きなものが買えるようにもなった。

歳を重ねていくたびわがままになったり我慢ができなくなってきたりひしひしと感じるけれど

18歳の私のこと、もう嫌いにならなくなった。

自分のこと大事にできてるかなんてわからないけれど、

でも嫌いにはならなくなった。

 

今回の帰省で、たくさんの友人に会えたこと、

父親にムカつきながらも父親のことを考えられたこと、

何度も通った電車に乗って新宿に帰ること

全部良かった。

18歳の私にも手を振って、ありがとうを。

 

 

最近振り返ってばかりだね、

年を重ねて、毎年友達と過ごせているのはとても幸せなことだなあとふと思う

 

ようやく落ち着けたから。

走り続けてきた人生も早四半世紀。

不器用な私は度々大荷物で全力疾走し、転げ落ちて全て投げ出しては、曲がり角で何か見つけてそこでまた必死になり荷物を増やしていくような半生でした。

 

まっすぐ走ればいいものを、

誰の言葉も聞き入れず、すべて突っぱねて走りぬいて、でも、ふと気づくと

そこは手に入れたかった景色とは真反対の地獄で

 

幼いときから自分に言い聞かせてきたけれど

年を重ねるたび、言葉にして伝えればなにか変わっていたのかもと

伝えようとしていれば聞き入れてもらえたのかもと

後悔することも増え

 

 

なんというか

どこで人生間違ったかって

思い出してはキリがないのに

 

思い当たるものを思い返す度

どこか愛おしく

どこかどうしようもなく

そして必ず最後は許してしまう。

 

 

私はずっとさみしかったんだろうね

お母さんともっと一緒にいたかった。

でも、働いて、帰ってご飯の支度をして、洗い物も6人分全部やって

お風呂は最後に入って、次の日一番早起きしてご飯の支度をする母に

さみしいなんて言えるわけもなく。

 

友達が、

放課後遊ぼうと言うたび「お母さんに聞いてみる」というのを

心のどこかで羨ましがっていたんだと思い返して気づいた。

気づかなかった当時はわざわざ聞かなきゃなんて面倒な家だななんて思っていた。

本当に遊びたかったのは友達ではなく、母だった

いろんな話をしたかったのも、友達ではなく母だった。

 

母の悪口をいう祖母が大嫌いだった。

さいころは可愛かったのにって言う祖父も大嫌いだった。

すぐ怒鳴って追いかけ回してくる父が嫌いだった。

 

草むしりをすると家族みんなに言って褒めてくれる祖母が好きだった。

家の外で会うと孫だと気づかない祖父が面白くて好きだった。

夜一緒にドラマをみたり、朝はチーズオムレツをつくってくれたり、毎朝必ず保育園に送ってくれて、行事ごとはほぼ全部出席してくれた父が好きだった。

 

私はもっと素直に

「好き」とか、「寂しい」とか、「もっと一緒にいたい」とか

「ありがとう」も「ごめんなさい」も「もっと私の話を聞いて」も

言えたらよかった。

 

そしたらきっと

いろんなことを間違えずに済んだよ。

いまだに私は家族に大好きといったことがないし

きっと結婚式とかで手紙を読むとしてもかけないだろうし

 

後悔して後悔して人のせいにして悔やんで真っ黒い気持ちになって

また涙を流してどうにか自分を肯定できるものを探そうとしたとしても

 

 

また大荷物を持って全力疾走する私に戻るんだ

 

嫌なことばかりの人生ではなかった

でもとてもいい人生でもなかった

小さいとき早く大人になりたかったのは

きっと、寂しいと思わなくなると思っていたから

 

どう足掻いても今の方が

自分の感情に気づく今の方がさみしい

 

 

10代より、20歳より、去年より、今の方が

色んなじぶんを許せるようになった。

少しずつ忘れてきた。

 

実現しているのか定かではないので

16からの9年分の私は

もしかしたら16歳の私の妄想なのかもしれないと思うと

それはそれでなんだか面白い

16歳、睡眠薬を大量に飲んで自殺しようとしたあの時見た夢が今も続いていて

本当の私は病院のベッドで植物状態だったら

 

とんでもねぇ親不孝もので

金喰い虫だなあ。

 

 

 

 

酸素と海とガソリンと

たくさんの気遣いを浪費している皆様、こんばんは。ウサダです。

東京事変の「私生活」の歌詞で好きなところですね。

たくさんのものを浪費しながら生活をしていくわけだけど、向かい風まで吸い込めたらやっと新しくなれる。

 

 

 

 

 

.

最近、仕事で研修期間が終わったので全て一人で対応するようになりました。

 

前の仕事とは違って手続き内容がかなり多いのとミスが許されない仕事内容にはなりますが、またまた周りに恵まれたおかげで、会社の先輩たちは皆いい人ばかりです。

丁寧に教えてくれる先輩、冗談を交えながらわかりやすい例を出して教えてくれる先輩、淡々と正解例を教えてくれる先輩、質問の先を読んで対応面も教えてくれる先輩

色々いますが、みんな本当に優しい。そして年が近いのがとても嬉しい。

 

未だに前職に戻りたいと思わない、そういえば今まで一度も前の仕事に戻りたいと思ったことがないんだな。保育園で働いた後も戻りたいと思わなかったし…

限界だ!殺してくれー!ってなって辞めるからなのかな…

まぁ別にそんなことはどうでもよくて。

本題に移りましょう。前置きが長すぎました。

 

 

 

 

 

 

.

最近よく年齢を気にするようになりました。

 

前まではまだ若いし〜まだやり直しがきくし〜世間的にもまだ甘やかされていい年だし〜まだチヤホヤされると期待していい年だし〜と

 

思っていましたが、

もうそんなことを言っていられない年になります。

感じ方、考え方は人それぞれですが、

25歳というのはやはり、その、なんというか、曲がり角といえば曲がり角で、

Uターンするも、前進するも、全て周りの意見を取っ払って自分で決めれる最後の年だと思うのです。

キリのいい数字だからというのもありますが、社会的にも「若い」から少し外れるわけで、

大学卒業した人も社会人三年目ということで、新人枠からも外れます。私は大学出てないのでもっぱら新人枠にはいないのですが。

 

浪費していく日々だけではいけないのです。

私は小さな時から早く大人になりたくてなりたくてなりたくてしょうがなかった。ずっと背伸びをして生きてきましたが、

やっと年齢も「大人」になり、考え方はそうすぐには変わりませんが、相手の意見や世間的なものもちゃんと飲み込めるようになったのです。

幼い時に思った「大人」に

片足突っ込みはじめてしまったわけです。

 

「自分のことを自分で責任を持つ」

言葉だけ見れば簡単なようで、複雑なこの言葉を

どうやって紐解いて、繋いで、離して、結んで、何度も何度も壊しては連なっていくように重みを感じていけばいいのでしょうね。

 

思っていたよりも、大人は不便だと思いました。

そしてきっと、もっと不便になります。

そしてさらに、愛おしくなると思います。

 

 

とんがっていたあの頃の私に

どの判断も間違っていなかったと伝えてあげたいと思ったけど、よくよく思い出せば

きっと昔から確信していて、だから大きな決断をしたのだと思います。

 

 

なんだかんだで、いつも周りには大切な人がいて、腹立つことも減って、涙することは増えて

好きな音楽も、色も、服も、空気も

分かっていることが私を作っていくのだと思うと、

 

 

浪費する日々も悪くはないですね。

大人も悪くないです。

 

また。

 

 

 

 

まぁまぁまあ。

昨日いそさんとこうくんとグループ通話でみんなのタイプについてあーだこーだ言ったのすごく楽しかったな。

互いにそれはちがくない?とかこういう印象だったわとか、人に言われて見えてくる部分があったりして診断系はいい酒のつまみになりました。

 

過去記事にもかいたけど、転職活動してるときに自己分析するくせがついて

それまで全然わからなかった自分と少しずつ距離が埋まってきてなんとか自分の中にいる自分を理解して仲良くできそうになってきた。

批判されることが物凄く嫌いで、褒められないとやる気が出なくて子供っぽいところがあって

ダメな自分が物凄く嫌いで

目を背けてばかりだったけど、やっと目が合いつつあるので

 

まぁ、いいんじゃない?と思える時間も増えた。

まぁ、甘えてもいんじゃない?そういう星に生まれてるし。

まぁ、逃げたっていいんじゃない?最終的に全部責任とるし。

まぁ、まぁ、まぁ。

 

 

辛いときはどうしたって世界に対して一人で戦ってるような気持ちになるけど

味方にもヤイバを向けてしまう時もあるけど

別に器用に生きたからって。

別に失敗したからって。

損したという気持ちと一緒に経験を得るのであれば、

これと1つの手だと思ったっていいじゃないの。

 

ついつい自分に厳しくして、こうしないとダメだ、やるべきだ、と首を締めて空気を吸えないようにしてしまいがちだけど 

そんな自分を許してあげれたらいいな。

 

たまに誰かに許されたくなる。

顔も名前も知らない誰でもいいから、許してほしいと思うときがある。

どこかで安心したいんだろうね。

 

 

誰かにそばにいて欲しくて

誰かに必要とされたくて

自分ではない誰かのために生きてみたくて

子供の頃より今の方がよっぽど弱虫だ。

弱虫で、泣き虫で、昔より今の自分が好きだ。

みっともなくて、情けなくて、子供っぽい。

 

一人になれない人は二人にもなれないなんて

できすぎたことゆってんじゃねぇよツイッターの有名な人。

 

一人になれるやつはずっと一人だろ

一人になれないから二人になりたがるだろ

いや知らんけど

 

 

だらだらと目的もなく書いたけど、特にオチもないのでこのへんで。

2018 不惑の余裕

 

f:id:uuuuusada0402:20181125222000j:image

 

初めて聴いたのは12歳の時、キラーチューンだった。

12年後、やっと、やっと、肉眼で見ることが叶った。しかも兄との初ライブ参戦。

 

事変のライブにはいけなかったけれど、

椎名林檎、20周年、更に40歳の(不惑)の生誕祭である今日のライブに行けて本当によかったなぁ。

 

三日ほど前に完全にノリで兄と機材解放席応募しようぜ(^o^)となり

ふつうに応募するより倍率高かったかもしれないのにまさかの当選。

兄は不運なやつだと思ってたのにまさかの豪運なのでは…?

 

当日物販のために13時着で予定していたのにエゴサしたら手旗は午前中に売り切れ、ほかのグッズもぞくぞくとsold out…

手旗無しでライブか!?と思ったら兄がまさかの中野まで買いに走り、スポーツの手旗ラス2をゲットしたいう更なる豪運。

 

そしてグッズ買って待ってたらスポーツジャージ着た兄がきて、

私もきてくればよかったあああああああああああああああと後悔。

兄は2020年のリメイク版だけど、私は元彼からもらった黒のジャージ

お揃いで着たかったよ…しかも手旗もスポーツだしよ…ぶえええ…。

家に帰ってからちゃっかり着ました。

f:id:uuuuusada0402:20181125225133j:image

 

 

周りを見渡すとナース服着てる人もいれば、着物参戦の人いたし、みんな本当に大好きなのねって思った。

大好きな人のことを大好きな人たちがこんなにもいっぱいいるって、それだけでもすごいことなのね。その場にいるだけで胸がいっぱいになった。

 

ライブは本能からスタート!

初っ端から飛ばすなー!と、もちろん最高すぎました。機材解放席だから真横からでスクリーンも見れなかったけど、でも

生で見れて、生で聴けて、幸せすぎたよ。

 

流行ではMummy-D

まさかのご本人登場で会場も大盛り上がり

盛り上がるしかないでしょ。と言わんばかりの熱気。

 

そして浮雲

もー!あなたの色気はどうにかならないの!?かっこよすぎて心奪われっぱなしですよ!歌声も雰囲気もかっこよすぎ。

なのに、当の本人はふわふわしすぎ。自由すぎ。歩き出しちゃうし、しまいには急に座り出して歌うし、ゆるゆるな浮雲さんでした。

 

目抜き通りでは

トータス松本来るか!?と思ったら映像出演、それでも最高ってどういうことなんだよ、熱気が収まらないだろう…

と思って油断してたら

ここで獣ゆく細道で宮本ご本人登場!

みやじーーーーーー!!!!!!!

相変わらずの破天荒さ、最高すぎました。ダンサーと一緒に転げ回ってました。トチ狂ってて愛おしくなるわ。

私も兄も知らなかったけど、Mステの一件でなにやら良くない噂が出回っていたそうで。

どっちのことも知っていればそんな噂が回るはずがないんですけどね。スタンスが違うんだもの。

 

そんなこんなで途中MC

ツイッターから見つけたので抜粋させてもらいまんす

f:id:uuuuusada0402:20181125222455j:image

 

噂、本人にもやはり届いていたのね。こんな悲しいことはないでしょう。

それでも信じてもらえていたことがとっても嬉しいね。

 

懐かしい曲もやりつつ、最近の曲もやってくれて、ラストに近づいてきたときに

今日が誕生日ということで、特別にみやじが悲しみの果てにを披露!しかも林檎嬢とコラボ!これは映像化しないだろうレアシーンでした。

みやじが「あまりほかの人のライブに出社しないもので、緊張してます」みたいなことをゆってて

出社って笑

そのあとはまさかの!まさかのレキシ!

いやいや、豪華すぎるよ、チケ代倍とってもよかったんじゃないか!?ってくらいゲストが豪華すぎる。

おなじみのナンバー、きらきら武士のあと

長めのMCもとってもよかったね。

あっという間の2時間。

 

余韻に浸りながらご飯食べてきたけど、兄と私は頭の中ふわふわになってました。

こんな贅沢していいの…?平成最後の大運を使ったね…

またライブ絶対いこう!